プライバシーポリシー

サイトマップ

ホーム

心臓の病気のこと、ちゃんと理解していますか?

心臓病

心臓は母の胎内に命が宿った頃から、絶え間なく鼓動を打ち続けています。一定のリズムで止まることはありません。ですが、病気を患うと、そのリズムが狂ってしまったり、ときには鼓動が止まってしまうこともあります。そうなると命の危険にさらされてしまいます。どの臓器も大切ですが、命の要とも言える心臓が病気で正常に機能しなくなったら……考えただけでも怖くなってしまいますね。

心臓の基礎知識

心臓について、学生時代に学校で習うこと以外、自分や身内が心臓病にならない限り、詳しく調べることはないのではないでしょうか。基礎知識が分からなければ、色々情報を集めても、何を書いているのか理解できないかもしれません。ですから、しっかりと基礎知識を身につけてから、病気のことを調べるのをお勧めします。心拍数や血圧との関係、心臓病に関する専門用語などを先に身につけておきましょう。

検査

病気が疑われた場合、様々な検査が行われます。同じ検査でも、病気によって調べる目的が違います。よく行われる心電図や心エコーなどの検査の他に、病気別で行われる検査をそれぞれ紹介していきます。

心臓の病気

心臓の病気は、心筋梗塞や心不全など、よく耳にするものばかりですが、実際どんな病気か聞かれると分からない場合も多いものです。名前だけは知っているけど説明はできない。そんなことが多いのではないでしょうか。病名だけを聞いて慌てたりしないよう、どんな病気なのか、どんな症状が出てどんな治療法が行われるのか、実際なってしまったときに慌てないよう、きちんと把握しておきましょう。

治療法と予防

治療法と予防法、どんなものがあるのでしょうか。様々な病気の種類がありますが、そのほとんどが冠動脈の狭窄や閉塞によるものです。それらをふまえて代表的な治療法と予防法を紹介していきましょう。

心臓からのSOS

心臓発作や心臓麻痺を起こしたらどうしますか?考えただけでも恐ろしいですね。それは私たちのイメージの中で、『心臓発作=死』と言う概念があるからではないでしょうか。発作や麻痺を起こしたからといって、必ずしも命を落としてしまうものではありません。心臓のSOSをしっかりとキャッチし、蘇生の方法を頭に入れておかなければいけません。

ページの先頭へ戻る

Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us

【おすすめサイト】