プライバシーポリシー

サイトマップ

ホーム

心臓の病気
ホーム >> 心臓の病気 >> 狭心症

狭心症

少し体を動かしただけで胸が苦しくなり、『狭心症ではないのだろうか』と不安を覚える人も多いようです。狭心症は心臓の筋肉である心筋に、酸素と栄養を供給している冠動脈に異常が起きる、一過性の心筋の虚血によって、胸痛・胸部圧迫感などの症状を起こす、虚血性疾患の1つです。冠動脈が完全に詰まってしまったり、狭窄が起こって壊死してしまった場合には心筋梗塞になります。

狭心症の原因

運動一般的に狭心症は、プラークという塊が心臓の冠動脈にでき、血液が通りにくくなって起きます。誘因となるものは、高血圧や高脂血症、肥満や高尿酸血症などの生活習慣病、ストレスや性格などからも引き起こされます。

狭心症は、『労作性狭心症』『安静狭心症』『器質型狭心症』『異型狭心症』『安定狭心症』『不安定狭心症』などに分類されます。

症状の出方

狭心症の症状は、胸の締め付け感、胸の奥の痛み、胸が焼け付くような感じなど、多くは胸の症状として現われます。その他にも、胃の近辺の痛みや背中痛、喉の痛みや歯の浮き、左肩から腕にかけてしびれたり痛みがあったりします。痛みの程度もそれぞれで、冷や汗が出てしまうほど痛むものから、違和感を覚える程度の軽いものまで人によって様々です。それぞれの狭心症の発作の出方は以下の通りです。

狭心症のタイプ 特徴
労作性狭心症 歩いたり、階段の昇降などの身体を動かす動作や、ストレスや精神的な興奮が誘因となります。ストレスがなくなったり安静にしていると、長くても15分、ほとんどが数分で症状が治まります。
動脈硬化によって冠動脈に狭窄があり、その程度が強いと、ちょっとの運動で、程度が軽くても、激しい運動をすると心筋への酸素が不足してしまい、症状が現れます。
安静狭心症 上記の労作性のものとは違い、動作やストレスに関係なく起こる狭心症です。異型狭心症や不安定狭心症も、この安静狭心症に属します。
異型狭心症 冠動脈が痙攣することによって起こる狭心症です。夜間や明け方に多く、動作とは関係がありません。ニトログリセリンを投与することによって症状が改善します。
安定型狭心症 労作性狭心症の大部分がこれで、発作の起こり方が一定している狭心症です。
不安定型狭心症 狭心症の症状が軽い運動時や安静時に起こった場合、最近1ヶ月で新しく症状が起こったり、起こりやすくなり、毎日か、日に何度も発作を繰り返す場合、もしくは、ニトログリセリンが効きにくくなった狭心症のことをいいます。
このタイプは高度な狭窄病変を冠動脈認めることが多く、心筋梗塞に進展しやすい状態と言っていいでしょう。

検査と診断

狭心症が疑われる場合、早急に病院に行って検査を受けなければいけません。狭心症の検査はどんなことを行うのでしょうか。

検査

まず、検査として以下のことが行われます。

検査

検査内容

心電図 発作時には異常が分かりますが、安静時には正常であることが多いです。
運動負荷心電図 冠動脈に狭窄が起こっていて、酸素が心筋に十分供給できていないと、典型的な心電図を描きます。
ホルター心電図 異型狭心症の診断に有効で、小型の心電図を付け、24時間記録します。
運動負荷心筋シンチグラム 運動負荷前後で、心筋内に血流が十分に足りているかどうかを調べます。
心臓カテーテル検査 これまでの検査で異常が疑われた場合に行います。バルーン治療やバイパス手術を行うときには必ず行う検査です。

診断

上記の検査をふまえ、急性心筋梗塞や心膜炎、不整脈、大動脈解離、肺梗塞など、様々な狭心症に似た症状を現すものと区別して診断されます。

狭心症の治療

治療狭心症の治療は、そのタイプや程度に合わせ、薬物療法、冠動脈形成術、バイパス手術などが行われます。

もちろん医師が判断するものですが、自分自身納得のいく説明を受けて治療に臨みましょう。


ページの先頭へ戻る

Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us