プライバシーポリシー

サイトマップ

ホーム

心臓の病気
ホーム >> 心臓の病気 >> 不整脈

不整脈

不整脈は、心臓の心拍数や刻むリズムが一定ではない状態のことを言います。また、心拍や脈拍が正常でも心電図異常がある場合、臨床的には不整脈といわれます。もちろん心臓病の1つにあげられます。

不整脈の種類

不整脈の種類不整脈は、頻脈性のものと徐脈性のもの、心拍数に異常のないものの3つに分けることが出来ます。安静時の脈拍は1分間に50〜100拍ですが、これよりも少ない場合を徐脈、多い場合を頻脈といいます。不整脈は、この心拍数から頻脈性不整脈、徐脈性不整脈、心拍数の異常がみられない不整脈にわけることができるのです。

※説明の中に、心電図の波形の記号が出てきますので、解釈の仕方は【心電図】をご覧ください。

頻脈性不整脈

洞性不整脈 正常な人でも運動後などに見られる。安静時でも見られる場合、呼吸疾患や感染症、内分泌疾患、神経疾患、精神病疾患が疑われる。
心室性頻脈 P波が存在しなく、全てのQRSの幅が0.2秒以上の場合。
心房細動 R間が完全に不規則な場合。P波がなく、基線が細かいアーチファクトのように揺れて記録される。
心房粗動 基線が鋸の歯のように揺れる。
多源性辛抱頻拍 心房粗動同様、R間が不規則で、P波が形、向き共に多様。
心室細動 基線がない。振幅の小さい正弦波に近い波のみの波形。末梢で脈拍が確認されない。臨床的には心停止状態。
心室粗動 臨床的に心室細動と同じ。
上室性頻脈 心室性リズムではない。より細かく分類される。
リエントリー性頻拍 心臓の興奮は一方向にしか伝わらないのが正常であるのに対し、先天性異常や心筋梗塞を起こすと、心臓の興奮が、逆行する経路が作られるために起こる。
WPW症候群
房室結節のリエントリーで起きる頻脈で、P波がないもので、発作性上室性頻拍と呼ばれる。
期外性収縮 R間の間隔が一定なのに、一部の心拍が前にずれた状態。
心房性期外収縮
期外収縮の前にもP波があり、QRSの幅が短い。症状がなければ治療は必要ない。
心室性期外収縮
期外収縮のQRS幅が広い。QRSの向きや形が一定でない場合は多源性PVCと呼び、心室壁の複数の部位や広い範囲に異常が起きていることを現しています。1分間に6〜10回以上みられる場合は、心室性頻拍に発展する恐れがあります。

除脈性不整脈

洞房ブロック 多くの場合、洞不全症候群の部分的な表現として使われる。
房室ブロック 心房から心室への心臓の興奮を伝えることが不完全か、全くない状態
掬挧室璽屮蹈奪 P波とQRSの感覚が一定でP波もあるが、PR間が0.21秒以上ある。
凝挧室璽屮蹈奪 QRSがP波のあとに抜け落ちる不整脈。
ウェッケンバッハ型房室ブロック
徐々にPR間隔が開いた後、QRSが抜け落ちる。
モービッツ況針室璽屮蹈奪
QRSが時々抜け落ちるが、落ちていない心拍のPR間隔は一定。
慧挧室璽屮蹈奪 P波はありますが、P波とQRSの間に時間的な関連性がない。
房室解離 P波とQRSの数は同じで徐脈にならないもの。
接合部性調律 PRの不整はほとんどなく、P波が見られない。QRSは0.12秒以上の場合。
洞不全症候群 洞房結節が原因で徐脈を起こす。日頃から心拍数が少なく、運動しても上昇しない。失神発作などを生じる。
特定原因のない洞性徐脈。
洞停止、洞房ブロック。
徐脈、頻脈症候群。
呼吸性不整脈 脈拍が呼吸時に上昇し、呼気時に低下する。若年層に多くみられる。脈拍が不整になるが病気ではない。
脚ブロック 左右の心室壁のどこかで神経伝達が途切れている状態。途切れているほうの心室壁は、心筋からの伝導によってもう一方より遅れて収縮するので、QRSの波形はウサギの耳のようになる。
部位 ブロックされる場所によって、右脚ブロックと左脚ブロックがある。
程度 ブロックされる程度によって、完全脚ブロックと、不完全脚ブロックに分類される。

ページの先頭へ戻る

Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us