プライバシーポリシー

サイトマップ

ホーム

心臓の病気
ホーム >> 心臓の病気 >> 心筋梗塞

心筋梗塞

心臓病の中でも、よく耳にすることの多い心筋梗塞。虚血性心疾患の1つで、心臓に酸素と栄養を運ぶ冠動脈がつまり、血流量が下がり、心筋への血液が不足して壊死してしまった状態です。一般的には急性に起こる、急性心筋梗塞のことを言います。心筋が血液不足になっても壊死を起こさない前段階を狭心症と呼びます。いずれにしても心臓病としては深刻なものですので、放っておくと命に関わりますので、発作を起こしたら救急車を呼び、早急に検査・治療を行わなければいけません。

心筋梗塞の症状

心筋梗塞を起こすと、胸が締め付けられたような痛みが出ると言われていますが、どちらかと言うと、『痛い』よりも、『胸が苦しい』『重苦しい感じがする』と訴えることが多いです。心筋梗塞の前段階である狭心症では、胸が痛くなっても数分で症状がなくなりますが、胸が苦しくなり始めて、30分以上安静にしていても胸痛が続く場合、急性心筋梗塞を疑います。

左肩、顎にも痛みが広がるのが特徴です。歯痛や左上腕部の重みを感じることもあります。こうした症状ではなく、めまいや嘔吐などの不貞愁訴で発症する場合もあり、心筋梗塞と気づかずに見逃す場合もあります。心筋梗塞を起こすとそれが原因で心室細動を起こし、心停止状態になる可能性もありますので、すぐに救急車を呼び、救急車が到着するまでは心臓マッサージを行わなければいけません。

気をつけなければいけないのは、食後や寒い朝、入浴の前後、飲酒後、会談の昇降時、夏の暑い日、ゴルフ中の脱水症状から発症する場合が多く、注意が必要です。

検査

血液検査心筋梗塞が疑われる場合の検査は、心電図でST上昇や、異常なQ波を調べます。心エコー検査は、心臓の動きを見ることができますので、壊死を起こしている部分が動きませんので、どこで梗塞を起こしているのか一目で分かります。

また、血液検査ではトロポニン、H-FABP、CK-MBを調べます。トロポニンは3時間以上経過した心筋梗塞の診断に有効で、CK-MBは心筋の障害の程度が分かります。最終的には心臓カテーテル検査を行います。直接冠動脈を造影し、狭窄部分を特定します。その部分や狭窄している部分の数によって、治療方法が決められます。その他の検査方法として、心筋シンチグラフィー、冠動脈造影CTなどが行われます。

治療

心筋梗塞の治療は、その時期によって方法が異なります。やはり重要なのは初期である急性期の治療になります。

急性期

急性期の治療は、原則として絶対安静です。心筋梗塞は、心筋に対する酸素や栄養が滞ることで起きるので、安静にして酸素吸入を行います。鎮痛や、酸素を消費する量が少なくなるようにモルヒネが使われる場合もあります。急性期の治療の最大の目的は、病巣の拡大を防ぐことで、酸素吸入、モルヒネ、アスピリン内服、硝酸薬などが使われます。

発症から6時間以内の心筋梗塞の場合、閉塞した冠動脈の再灌流両方を積極的に行うことで、心筋が壊死した範囲を小さくすることが可能です。また、急性期には心臓カテーテル検査を行うことが多いのですが、動脈を介した検査と処置であることから、合併症が多いのも確かです。このカテーテルを用いて行う治療は、『冠動脈インターベンション』と呼ばれ、狭くなった血管をバルーンを使って内側から拡げて血液を流れやすくする方法と、ステントという金属の筒を使って、狭くなった血管を内側から拡げた形で固定する方法があります。

冠動脈の狭窄部位が3ヶ所以上ある場合、緊急に冠動脈大動脈バイパス移植術が行われる場合もあります。

安定期

血圧測定急性期にインターベンションが成功すると、予後は保たれることが多いです。

安定期の治療は、安静と内服加療が中心で、心筋梗塞の特徴として、高血圧や糖尿病、高脂血症も併発していることが多いので、これらも同時に検査、治療、患者教育をすることになります。

ページの先頭へ戻る

Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us