プライバシーポリシー

サイトマップ

ホーム

心臓の病気
ホーム >> 心臓の病気 >> 心臓弁膜症

心臓弁膜症

心臓弁膜症は、心臓の中にある弁が、正常に働かなくなる疾患のことをまとめた呼び方です。弁膜性心疾患とも呼ばれます。心臓は、中が4つの部屋に分かれていて、それぞれの出口に膜でできた弁があり、血液が逆流するのを防いでいます。この弁が、様々な原因によって硬くなったり破損してしまうと、血液が逆流したり、通過障害を起こします。これが心臓弁膜症です。弁は全部で4つあり、障害を起こした弁によって、それぞれ現れる症状が違います。弁膜症は心筋梗塞や、リウマチ熱、先天性奇形でも起こります。

心臓弁膜症の種類

心臓弁膜症は、障害の起きた弁によって様々な種類があります。その種類によって、症状も違います。

病名 特徴
大動脈弁 大動脈弁狭窄症

左心室から大動脈に血液を流している大動脈弁が狭くなった心臓病になります。狭くなった大動脈弁に血液を通そうと左心室に無理がかかります。左心室に負担がかかることを左室負荷と言います。

先天性のものと後天性のものがあり、治療は手術で行います。開胸手術での弁置換が一般的で、大動脈弁を人工弁に取り替える手術になります。

大動脈弁閉鎖不全症 大動脈弁閉鎖不全症は、大動脈弁がきちんと閉まらない病気です。心臓の拡張器に大動脈から血液が左心室に逆流し、開くはずの僧坊弁を逆流した血流が押してしまうため、相対的僧坊弁狭窄が生じます。
肺動脈弁 肺動脈弁狭窄症

肺動脈弁狭窄症は、肺動脈弁が狭くなってしまう心臓病です。狭くなった大動脈弁に血液を通そうと右心室に無理がかかります。右心室に負担がかかることを右室負荷と言います。右室負荷によって右室の壁が肥厚します。これを右室肥大と言います。

先天性のものと後天性のものがあり、治療としては、右室圧が上がったら手術を行います。手術は血管内カテーテル手術を行います。これは経皮的バルーン肺動脈形成術と呼ばれ、カテーテルを中心静脈から入れ、右心房、維新室、肺動脈の順で向かい、バルーンやステントで狭くなった部分を広げて肺動脈弁を修復します。

肺動脈弁閉鎖不全 肺動脈弁閉鎖不全は、肺動脈がちゃんと閉まりきらない心臓病です。
三尖弁 三尖弁狭窄症 これは三尖弁が狭くなってしまう心臓病です。
三尖弁閉鎖症

先天的に、右心房から右心室に血液を流す三尖弁が閉じてしまっている心臓病です。右心房から右心室への血流が途絶えてしまっているため、このままでは生まれることが出来ませんが、心房中隔欠損症を合併していることが多く、左右短絡が生じ、さらに動脈管開存症などの左右短絡を合併すると両循環ができるため、出生することができます。

大きな左右短絡差のため、左室に大きな負荷がかかるので左室肥大を起こします。また、チアノーゼも生じます。

治療としては、手術を行います。未発達の右心室を通らずに、右心房から肺動脈に直接血液を流すように吻合するフォンターン手術が行われます。

三尖弁閉鎖不全症

右心房から右心室に血液を流す三尖弁の閉鎖不全が起こり、血液が逆流してしまう心臓病です。心室が収縮するときに、右心室から肺動脈へ駆出するだけではなく、右心房にも逆流していまいます。そのため右心房にも負荷がかかり、無駄な血流を補うようになるため、右心室にも負荷がかかります。

右心不全によって静脈の血液が心臓に戻りにくくなるために、下肢のむくみや、経静脈の怒張、肝臓の腫大も起こります。

僧坊弁 僧坊弁狭窄症

先天的に、左心房から左心室に血液を流す僧坊弁が狭くなっている心臓病です。肺循環から心臓に戻った血液が左房で鬱滞するため、左房に負担がかかります。

治療は血管内カテーテル手術を行います。大動脈からカテーテルを入れ、大動脈、左心室に向かい、僧坊弁を修復します。

僧坊弁閉鎖不全症 僧坊弁がしまりきらない心臓病です。

ページの先頭へ戻る

Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us