プライバシーポリシー

サイトマップ

ホーム

治療法と予防
ホーム >> 治療法と予防 >> 心臓カテーテル

心臓カテーテル

カテーテル分解図心臓カテーテル検査は、心血管にカテーテルを挿入し、造影剤を使って異常を検出したり、心臓内腔の圧力や酸素飽和度を測り、血行動態を把握するための検査です。

心臓カテーテル検査の種類

この検査は、各種の動静脈の形態を観察する心血管造影検査だけではなく、血行動態検査や電気生理学検査、心毎膜心筋生検、血管内内視鏡検査、血管内超音波検査などがあります。

右心カテーテル法

スワンガンツカテーテルを使い、大腿動脈、内頸静脈、鎖骨下静脈、尺側皮静脈から挿入する方法です。ショックや急性心不全、低心拍出症候群などで用いられる方法で、血行動態検査での情報が豊富です。測定できるのは、右心房圧、右心室圧、右室拡張末期圧、肺動脈圧、肺動脈楔入圧、心拍出量、心係数などが分かります。

左心カテーテル法

ピックデールカテーテルを大腿動脈、上腕動脈、とう骨動脈に挿入します。測定できるのは、大動脈圧、左質圧、左質拡張期圧、左室駆出率、左質拡張末期容積係数などです。左心室造影や冠動脈造影もこのアプローチ方法になります。

検査の流れ

簡単に心臓カテーテル検査の流れを紹介していきます。

  1. 右足の付け根を消毒し、局所麻酔を行います。
  2. 穿刺針を動脈に刺し、ガイドワイヤーを挿入してカテーテルの出入り口であるシースを取り付けます。
  3. X線で監視しながらガイドワイヤーを使い、カテーテルを挿入します。血管内では痛みを感じることはありません。
  4. カテーテルを冠動脈に挿入し、注射器で造影剤を注入し、撮影します。左右の血管、数方向で行います。X線検査ですので、息を吐いたり止めたりする指示があります。
  5. 心臓の各部屋の撮影をカテーテルを交換して行います。造影剤を注入するため、一時的に胸から臀部にかけて熱く感じます。
  6. この検査で分かった心臓病に対して、別のカテーテルを使い、内圧の測定、造影、薬物を追加します。
  7. 検査が終わって症状や血圧に変化がなければ、カテーテルを抜き取ります。
  8. シースを取り除き、止血して終了です。検査後、翌朝までは安静になります。

冠動脈インターベンション

冠動脈インターベンションとは、開胸をしないで、脚の付け根の血管からカテーテルを入れ、狭窄を起こしている血管の場所でバルーンやステントで押し広げ、血液が流れやすくする治療です。開胸手術と違い、患者への負担も少なく、日本ではこの治療法が70%を占めています。

バルーン

バルーンを使い、狭くなった血管を内側から押し広げて血液を流れやすくします。処置後にはバルーンを取り除くため、治療した場所が再び狭窄を起こす可能性もあります。

ステント

服薬バルーンを使って血管内を押し広げた後、金属でできたステントという筒を血管内に固定させる方法です。このステントを用いた方法は、冠動脈インターベーションの80%を占めます。ステントを入れた場合、ステントに血栓が付着しないよう、血栓ができにくくなる薬を服用しなければいけません。飲み忘れに注意しましょう。

また、『薬剤溶出ステント』と呼ばれる方法は、細胞の増殖を抑制する作用のある薬剤がステントの表面に塗布してあり、再び狭窄を起こすのを防ぐと共に、それに伴う再治療の可能性を低くしています。

検査の合併症

心臓カテーテルの検査では、稀に合併症を起こす場合があります。重度の大動脈弁疾患や心不全、腎不全で起こる可能性があります。

低血圧 血管迷走神経反射、脱水、心タンポナーデが原因で低血圧を起こす場合があります。造影剤を用いた際の血管拡張作用、浸透圧利尿でも脱水を起こす可能性があります。十分な輸液で対処します。
末梢血管合併症 末梢血管の合併症として、末梢動脈血栓、仮性動脈瘤、後腹膜出血、動静脈ろう、深在静脈血栓症などがあり、予防策として抗凝固療法があります。
心合併症

冠動脈解離、心筋梗塞、心穿孔が見られることがあります。

冠動脈解離は造影剤を注入した時に起こる可能性があります。 心筋梗塞は空気による幹動脈塞栓です。 空気塞栓は高圧酸素療法を行います。 心穿孔は心エコーで診断し、少量の出血であれば経過観察を行います。

不整脈 心房細動、心室頻拍、心室性期外収縮、心房性期外収縮、洞性徐脈などを起こす可能性があります。冠動脈造影時に心房細動、心室頻拍が起こりやすくなります。
神経合併症 脳塞栓、大腿神経障害、正中神経麻痺を起こす可能性があります。脳塞栓はカテーテル内の血栓や空気塞栓、神経障害は血腫による圧迫が原因となります。
腎合併症 血清クレアチニンが上昇している場合、造影剤が原因で腎不全になり、人工透析が必要になる場合があります。予防として、十分な輸液と重炭酸の投与を行います。
薬剤アレルギー感染 穿刺部位が感染したり、細菌性心膜炎などの可能性があります。

ページの先頭へ戻る

Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us