プライバシーポリシー

サイトマップ

ホーム

心臓病の基礎知識
ホーム >> 心臓病の基礎知識 >> 血圧との関係

血圧との関係

血圧が高いと、一生薬を飲んでコントロールしていかなければいけないと言われていますが、高血圧はどうしていけないのでしょうか。心臓病とどんな関係があると思いますか?心臓病の多くは冠動脈の動脈硬化によるものです。高血圧は、この動脈硬化を起こしやすくするものなのです。血圧が高いと、心臓病だけではなく、様々な病気の要因にもなりますので、しっかりと血圧をコントロールしていかなければいけません。

血圧が高いといけないわけ

血圧との関係高血圧を治療しないでいると、脳卒中や心臓病、腎不全や動脈瘤、閉塞性四肢動脈硬化症などの心疾患や血管疾患が合併します。血圧が高いことで、血管内に障害を起こし、動脈硬化が起こりやすくなるためです。また、高い血圧は血液を送り出す心臓を肥大させ、心室壁の進展性を押さえつけてしまい、拡張性心不全を起こす場合があるのです。

だからと言って、高血圧が直接心臓病と結びつくのかと言えばそうではありません。確かに高血圧だと心臓病の合併頻度が高くはなりますが、あくまでも心臓病を引き起こす要因の1つだということで、他の危険因子の有無により、大きく変わってきます。肥満や喫煙、運動不足、高コレステロール血症、耐糖能低下、左室肥大がこれらの危険因子と言われています。高血圧な上に、これらが思い当たるようであれば注意が必要です。

心肥大

心筋高血圧だと、心肥大を起こす危険性があります。止まることなく動き続けなければいけない心臓の動きを支えているのは心筋です。心筋が強い力で血液を心臓から送り出しているので高血圧になります。こうして血圧が高いままでいると、血液を全身に送り出している左心室の壁が肥大してくるのです。筋肉は鍛えると厚くなりますが、同じ現象が心臓にも起こるのです。

足腰の筋肉を鍛えることはいいことですが、心臓の筋肉である心筋にこの現象が起こると、徐々に心筋が疲れ果ててしまい、結果、心臓のポンプ機能が低下して、心不全を招いてしまいます。上手に血液を全身に送り出すことが出来ず、心臓に血液がたまってしまうということが起きます。ここまでくると、息切れや動悸などの症状が出てきます。肺水腫を合併することもあり、呼吸困難に陥ります。この呼吸困難は寝ているときに起こりやすいので、眠ったまま……なんてことになったら命に関わります。これが心肥大の恐ろしいところなのです。

超音波検査を行うと、心筋の厚さがすぐに分かりますので、高血圧の人は定期的に超音波検査を受けるようにしましょう。また、しっかりと血圧をコントロールして、心臓に負担がかからないように管理していかなければいけません。

冠動脈

冠動脈は、心筋に酸素を運ぶ動脈です。心臓を取り囲むようにして走っている血管で、高血圧と共に、他の危険因子が加わることで動脈硬化を起こし、狭窄や閉塞がみられると、心筋に酸素や栄養が行き届かなくなります。狭心症や心筋梗塞などを引き起こします。

冠動脈は他の動脈とは違い、心臓が収縮すると血流が減り、心臓の拡張期に血液が流れる性質を持っています。大動脈弁が閉じたあとに、大動脈の弾力で戻った動脈圧が、冠動脈に対して作用するためです。この動脈が動脈硬化を起こして硬くなると、心臓を覆っている血管のため、どうなるかは説明しなくてもお分かりになるでしょう。心臓に一時的に血液が流れなくなると狭心症や心筋梗塞を起こします。
(詳しくは【心筋梗塞】【狭心症】のページを参照してください。)

高血圧にならないために

食事高血圧は、心臓病をはじめ、様々な疾患を呼んでしまいます。高血圧の治療も大切ですが、高血圧になってしまった原因をさぐり、根本的に改善していかなければいけません。塩分の取りすぎも血圧を高くしますので、健康のためにも薄味の食事を心がけるようにしましょう。また、高血圧は遺伝的な要素もありますので、身内に高血圧の人がいるのであれば、自分もそうならないような生活習慣を心がけなければいけません。

ページの先頭へ戻る

Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us