プライバシーポリシー

サイトマップ

ホーム

心臓からのSOS
ホーム >> 心臓からのSOS >> AEDの使い方

AEDの使い方

自動体外式除細動器まだまだ知名度の低いAEDですが、自動体外式除細動器のことで、Automaterd External Defibrillator,AEDの略になり、心臓発作を起こして倒れた人がいたら、その場で倒れた人を救うことの出来る心臓救命装置です。心室細動という致命的でもある不整脈を起こして倒れても、救急車がきて病院に搬送されるまでのわずかな時間でも間に合わないことも多く、たくさんの人の命が救われずにきました。

AEDはその場で使える治療機器なので、使い方を覚えていれば、いつかあなたも1つの命を救うことになるかもしれません。空港、飛行機内、ホテル、学校職員室や図書館、駅、プール、スポーツセンターの公共施設など、様々な場所に設置されています。自動販売機に設置されているところもあります。自分の住んでいる地区のどこにAEDが設置されているのか、インターネットでも簡単に検索することができます。以前は医師でなければ使用することができませんでしたが、2004年からは、誰でも使えるようになっています。心臓病の発作はいつどこで起こるか分かりませんので、知識だけでも身につけておきましょう。

どんな機械?

AEDってどんな機械なのでしょうか。医療機器というくらいですから、使い方が難しいのでは?なんて考える人がほとんどでしょう。緊急事態に誰でも対処できるよう、初めてでも適切に使える作りになっています。

電極がついていて、そのパッドから心臓の状態を自動的に判断し、心臓が細かく振るえて、全身に血液を送ることができない状態だと機械が判断すると、一瞬、強い電流を流して、心臓にショックを与えることで、正常な状態に戻す機能を持っている機械です。心配な使い方ですが、AEDの電源を入れると音声が流れ、使い方の手順を指示してくれます。ですから、初めてでも心配なく使うことができるのです。

AEDの使用方法

AEDロゴマークAEDは蓋をあけるか電源を入れると音声が流れるようになっています。倒れた人の胸をはだけ、音声が指示する通りに電極パッドをパッケージなどに描かれている見本の通りにしっかりと貼ります。電極パッドが取り付けられると、機械が心臓の状態を自動で判断します。機械の判断の結果、電気ショックが必要とされた場合、ボタンを押すよう指示がありますので、押してください。

仮に電気ショックが必要ない場合は、ボタンを押しても電気は流れないようになっていますので、間違った操作をすることもありません。電気ショックを与える場合、倒れている人には誰も触らないように注意が必要です。

救急車が来るまでの流れ

まず、倒れた人がいたら声をかけ、意識がなければすぐに救急車を手配します。さらに呼吸しているかどうかを確認します。呼吸していなければすぐにAEDを取りに行き、AEDが来るまでは心臓マッサージを行います。周囲にいる人らが手分けしてこれらを行いましょう。

AEDが届いたらすぐに倒れている人に電極パッドを装着します。体が濡れている場合、拭いてから貼るようにしましょう。AEDの音声指示にいたがい、操作をします。電気ショックのボタンを押す時には、倒れている人に触れないように注意しましょう。ボタンを押して電気ショックをかけたらすぐに心臓マッサージを行います。 (心臓マッサージの方法は【心臓発作】のページを参照してください。)

2分後、AEDが自動的に、電気ショックが必要かどうか自動で判断しますので、手を離しましょう。意識が戻ったら救急車の到着を待ちます。電極パッドは貼ったままにし、1度入れたAEDの電源は切らずにオンのままにしておきます。AEDの電極パッドを貼る時に、ペースメーカーを入れている人であれば、そこを避けてパッドを貼ってください。

倒れた人への配慮

倒れた人への配慮AEDを使用する場所は、ほとんどが不特定多数の人がいる場所になるかと思いますが、電極パッドを貼るために胸をはだけなければいけず、女性の場合だと周囲への配慮が必要です。大きな布や上着で四方を囲って周囲から見えないようにするなど、人命救助が第一ですが、倒れた人を野次馬の好奇な目から遠ざけてあげる配慮も必要でしょう。

ページの先頭へ戻る

Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us