プライバシーポリシー

サイトマップ

ホーム

検査
ホーム >> 検査 >> 心エコー

心エコー

心エコーは心臓超音波検査のことで、超音波を使い、心臓の様子をみるものです。心臓だけではなく、体の様々な部分の検査にも使われていますが、専門的な知識が必要な検査です。心エコーで分かることは、心筋梗塞や心臓弁膜症、収縮機能障害型の心不全や様々な心筋症、心内膜炎、心外膜炎、心タンポナーデ、心臓にできた腫瘍、一部の先天性心疾患の診断ができます。腕の良い医師や技師が心エコーを行うと、冠動脈の血流を評価することもでき、そのことで、一部の狭心症の間接的な診断を行うことも出来ます。

心エコーの検査方法

超音波検査超音波検査は、X線検査とは違い、超音波を使って臓器の様子を見て検査をします。体の表面から超音波を当て、反射を拾って画像にしたものです。超音波は耳に聞こえない音のことで副作用もなく、何度も繰り返し検査を行うことが出来ます。

経胸壁心エコー検査

経胸壁心エコーは上半身を出し、左側臥位になって横になって検査します。心臓附近にゼリーを塗り、超音波を出す小さなプローブをあてて画像を映し出します。検査の所要時間は30〜40分ですが、胃の検査のように食事制限などはありません。心臓の状態や大きさ、動きなどの他にも、心臓内を血液が流れる状態や、心臓の弁、狭窄の有無など、数多くの情報を得ることができる検査になります。

経食道心エコー検査

エコー検査経食道心エコーも、経胸壁心エコー検査と同じ仕組みになります。大きく違うのは、超音波の当て方になります。経胸壁は胸壁から超音波を当てますが、経食道の場合、食道を介して超音波を当てます。超音波を出す小さなプローブを飲み込み、食道の中を通して心臓に超音波を当てるのです。肺や骨が邪魔になって見えにくい場合もある経胸壁心エコーに比べ、経食道心エコーの場合は食道の中から心臓をみるので障害になるものなく情報を得ることが出来ます。ただし、基本的に入院して検査することになります。

超音波検査で分かること

心エコー検査で分かることを、もう少し詳しく説明していきましょう。X線写真と違い、動いている心臓の様子を見ることができますので、心臓病の診断をするには、とても有効な検査方法なのです。

心臓の様子が分かる

心エコー検査では、心臓の大きさや壁の厚さ、動き方が分かります。数多い心臓病の中には、心臓の大きさが大きくなるものや小さくなるものがあります。心臓が大きくなっている場合、一般的には心臓が弱っていることも多く、大きさの評価はとても重要なことになるのです。心臓が弱ると、形がボールのように丸みをおびてきます。その形も分かりますし、心臓壁の厚さを測ることで、心肥大があるかどうかの判断もできます。

心臓の動く様子がみられるというのは、とても大切なことです。なぜなら、動脈硬化が原因で心筋梗塞を起こしている場合は、心筋が収縮していない場所やその範囲が分かります。心臓全体の機能がどうなっているのかも、1日で客観的に評価することが可能です。

血液の流れ方が分かる

診察心エコーでは、心臓の血液の流れる速さやその方向も分かります。これらは心臓病の診断になくてはならないものです。

心臓は、右心室、右心房、左心室、左心房の4つの部屋からできていますが、正常な心臓の場合、流れるように一定の方向に血液が流れています。それを保つために、それぞれの間に弁が付いています。弁がうまく働かなくなり、血液の逆流が見られる場合は、『弁逆流』、弁が開きにくくなって血液がスムーズに流れていない場合は『弁狭窄』と診断されます。これら心臓の弁がうまく機能していないことをまとめて『弁膜症』と呼びます。

『逆流弁』の場合、血液が逆に流れているのを検出することで分かります。『弁狭窄』の場合は、開きにくくなっている弁のところで血液が加速され、その速度を測ることによって診断がつきます。もちろんこれら弁膜症の重症度も、超音波検査では分かるのです。

ページの先頭へ戻る

Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us