プライバシーポリシー

サイトマップ

ホーム

検査
ホーム >> 検査 >> 心臓の検査

心臓の検査

生きている以上、心臓が動かなくなったら一大事です。そんなことにならないためにも、心臓に少しでも異常を感じたら、医療機関で検査してもらわなければいけません。どんな検査が行われるのでしょうか。ここではよくある心臓病別に検査を紹介していきましょう。重複する部分もありますが、参考にしてみてください。

狭心症

狭心症は、冠動脈の血管に動脈硬化が起こり、内腔が狭くなる病気です。冠動脈は心臓の表面を覆うように走っている血管で、心臓に酸素や栄養を供給している血管です。典型的な狭心症は、体を動かして心拍数が上がり、心臓が必要とする血液の量が冠動脈の狭窄によって十分に送り込まれず、胸痛という形で症状が現れます。

※狭心症に関しては【狭心症】のページに詳しくありますのでご覧ください。

検査と診断

運動狭心症は運動時に起こりますので、検査をするには患者が運動を行わなければいけません。運動負荷心電図で、運動時に発作が起こった時の心電図を調べる必要があるのです。通勤の途中でいつも発作が起きるという人の場合、ホルター心電図を使って心電図を記録し、医師が診断します。

心電図検査だけでは、冠動脈のどこで狭窄を起こしているのか判断できませんので、これだけで狭心症の治療方針を決めることはできません。心電図検査の結果、狭心症であると判断されると、心臓カテーテル検査を行い、どの冠動脈が狭窄を起こしているのか、調べる必要があるのです。これで分かった結果により、重症度に応じた治療方針を決めることが出来ます。

心筋梗塞

冠動脈が狭窄して、血液が流れにくくなっている狭心症とは違い、心筋梗塞の場合は冠動脈が詰まって、血液が流れなくなってしまうものです。冠動脈が詰まった瞬間から心筋に血液が行かなくなり、激しい胸痛に見舞われます。

検査と診断

まず行う検査は、やはり心電図からです。心筋梗塞であれば、心電図検査を行うだけで、典型的な所見があれば診断は付きます。さらに、心臓超音波検査を行うことで、動脈が栄養を与えていた心筋は、詰まったことで動かなくなりますので、すぐに分かります。これで心筋梗塞と診断がつきますが、心臓カテーテル検査を行うことで、どの冠動脈が詰まっているのかが分かり、それと同時に詰まっている血管の治療を始めることも出来ます。もちろんこれらの検査は緊急を要します。

※心筋梗塞に関しては【心筋梗塞】のページに詳しくありますのでご覧ください。

弁膜症

弁膜症は、心臓の弁に関する病気ですが、最近高齢者に多いのが『大動脈弁狭窄症』で、年齢に関係なく多くみられるのが『僧坊弁閉鎖不全』です。

検査と診断

弁膜症の検査に活躍するのが、超音波検査です。心臓の弁がどのように動いているのか見ることができますので、弁の開き方や閉じ方を診断することができます。同時に重症度を調べることができます。血液が流れに色をつけてみることのできる、カラードプラ法を使うと、どのように血液が心臓内で流れているかが分かり、血液の逆流具合なども一目瞭然ですので、重症度がすぐに分かるのです。

検査を受けるときの注意

医師ここまで読んで、同じ検査でもその目的は違うことがお分かりいただけたと思います。心臓の検査を受ける人は比較的多く、その中でも無駄な検査をされているのではないか、今されている検査が何を目的にしているのかが分からずに不安に思う人も中にはいるかもしれません。検査の前に、医師や検査技師、看護師など分からないことは質問してよく話を聞き、検査の目的と意義を納得して受けられるといいのではないでしょうか。

ページの先頭へ戻る

Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us